古民家食堂とは

いらっしゃいませ、
ようこそ古民家食堂へ!

新潟から築130年の日本家屋が移築され、ここ沖縄で古民家(こみや)食堂として新しい生命が吹き込まれました。
日本家屋特有の高い天井、松、ケヤキの太い柱や梁が、とても落ち着いたリラックス出来る空間を演出。

また、沖縄では珍しい貴重な建築物としても注目されております。是非一度、ご来店くださり、木の温もりが持つ「癒し」をご体験ください。
従業員一同、心よりお待ち申し上げております!

古民家食堂が出来るまで

新潟で出会った築130年の古民家は解体され、フェリーで一沖縄へ。

南風原町大名では、移築地の基礎工事が始まりました。

新基礎工事が終わり、土台のすえ付けです。

土台の軸組み。伝統工法のさまざまな工法が用いられています。

新建方の工程です。徐々に建物の輪郭が見えてきました。

いよいよ、屋根葺き、内部の造作や床を組み、仕上げの作業がです。

新そして、ついに完成!新潟の築130年の古民家沖縄で甦り、新しい生命が吹き込まれました。平成18年8月16日(大安)古民家食堂がオープンしました。

お問い合わせ

古民家食堂

〒901-1101 沖縄県島尻郡南風原町大名260-1

098-888-3918

営業時間:11:00~22:00
(ラストオーダー21:30)
定休日:毎週水曜日